2017.06.19Here is ZINE tokyo 15

6月30日(金)からトーキョーカルチャート by ビームスにて、15回目となる「Here is ZINE tokyo 15」が始まります。

今回も個性豊かなZINEが42作家+一般公募入選作10人、過去最高の合計52種類が展示販売されます。ゲストで韓国のクリエイターが3組、インドネシアからも1名参加しています。

初日の6月30日(金)は17時〜20時までオープニングレセプションを開催します。どなたでも参加できますので是非遊びに来てください!

 

 

Here is ZINE tokyo 15 Curated by ENLIGHTENMENT

会期: 2017年6月30日 (金) ~ 7月12日 (水)

会場: トーキョーカルチャート by ビームス

〒150-0001東京都渋谷区神宮前 3-24-7 3F

TEL : 03-3470-3251

営業時間:11:00-20:00

www.beams.co.jp

※7月6日(木)は定休日7月12日(水)は18時までの営業時間になります。ご注意ください。

オープニングレセプション: 6月30日(金)17:00-20:00

 

出品作家

新井萌美 / 伊藤桂司(UFG) / 磯部昭子 / edenworks / 大河原健太郎 / 尾角典子 / 岡田将充(OMD) / 岡沢高宏(CLS) / 加藤崇亮(Enlightenment) / 北沢美樹 / 黒田 零 / SALOTEZUMO / 鈴木シゲル(THE ME) / 高橋 毅 / タケノウチレミ / 田島一成(mild) / タナカノブコ(SARUME) / 田中力弥(rockin’on) / 千原徹也(れもんらいふ) / 手島 領(螢光TOKYO) / 時吉あきな / tony & annie / 永瀬由衣(れもんらいふ) / 中村和孝 / ののか / 平井豊果 / ヒロ杉山(Enlightenment) / 本忠 学(HONCHU GRAM) / 益山航士 / 松井正憲(Enlightenment) / 間仲 宇 / 水野仁輔(AIR SPICE) / 充-mitsu- / 峯山裕太郎(Enlightenment) / 見増勇介(intext) / RYAN CHAN / LESLIE KEE / 若木信吾 / Natasha Gabriella Tontey(UNKNOWN ASIA Prizewinner)

Korean Guests

Curated by WooChi Jeon (Eloquence)   Coordinated by ShinHae Song (TANO International) / 庄野裕晃 (ubies)

Googyeonggeori: Sight / ORDINARY PEOPLE / Don’t Panic seoul by D’amusements

一般公募入選作家

ancco & koyubi / 井手瑞季 / 伊原菜摘 / 長村マリン / otokonokoto / SET&SETTINGS / ドキドキクラブ / Panasony / 山本 郁 / ヨダヒロユキ

2017.06.08Here is ZINE tokyo 15 一般公募入選者発表

Here is ZINE tokyo 15の一般公募入選者を発表いたします。

入選者

ヨダヒロユキ

長村マリン

山本郁

SET&SETTINGS

井出瑞季

ancco & koyubi

ドキドキクラブ

otokonoko

伊原菜摘

Panasony

 

一時通過者

平井蘭香

杉本流星

石原一博

田中有美

市川晋二

緒方数馬

松藤美里

宮﨑玲子

藤林悠

堀修平

なかさとゆうみ

溝邊尚紀

海谷泰水

リサ(バニラビーンズ)

いとうひでみ

 

今回も数多くのZINEを応募頂きありがとうございました!

 

2017.05.25RYAN CHAN「BOYS STUDY」& LESLIE KEE「BOYS PLAY」

5/13からヒロミヨシイ六本木でRYAN CHAN「BOYS STUDY」が開催しています。こちらの展示はこの後5/27よりRYAN  CHANとLESLIE KEEの合同展に、その後6/4よりLESLIE KEE「BOYS PLAY」となります。

DM・写真集のデザイン、展示のディレクションをエンライトメントが担当しています。

5/27には合同のレセプションパーティが開催されます。充実の写真展をぜひ会場に来てご覧になってください。

 

合同写真展『BOYS STUDY』/『BOYS PLAY』

『BOYS STUDY』by ライアン・チャン会期:2017年5月13日(土)~5月27日(土)

『BOYS PLAY』by レスリー・キー会期:2017年5月27日(土)~6月17日(土)

開催地:hiromiyoshii roppongi(東京都港区六本木5-9-20)

 

 

RYAN CHAN「BOYS STUDY」写真集

 

LESLIE KEE「BOYS PLAY」写真集

2017.04.26第15回TIS公募 作品募集!

第15回TIS公募 作品募集
日本を代表するイラストレーターの団体「東京イラストレーターズ・ソサエティ」
が主催する公募です。
イラストレーターやイラストレータを目指す人の為の公募は、今回で15回目を迎えます。
毎回、イラストレーションを広く募集しており、時代を代表する過去の受賞者たちは現在、様々なメディアで活躍をしています。

「イラストレーションは時代を写す鏡のようなもの。
だけど、単に写すだけでなく そこに夢や元気や思いが加わるからこそ価値が出てくるものだと思います。
今を そしてその先を見つめる目にうつるものを共有し 感動できることを楽しみにしています。」
TIS公募委員長 佐々木悟郎

【審査員(11名)】
東 逸子、あずみ虫、奥原しんこ、木内達朗、塩川いづみ、白根ゆたんぽ、
JUNOSON、ヒロ杉山、100%ORANGE、南 伸坊、吉實 恵 (五十音順)

【応募受付日時】
搬送搬入・直接搬入ともに、
2017年5月19日(金)、20日(土)
13:00〜18:00まで
※搬送搬入の方も上記の期日必着で搬送してください。これ以外の日にちでの受付はいたしません

【応募資格・搬入方法】
プロのイラストレーター、アマチュア・学生を問わず、どなたでも応募できます。

【各賞】
TIS大賞/金賞/銀賞/銅賞
この他優秀と認められた作品を入選とします。
また、各審査員選出による「わたしの一枚」を設けます。

TIS大賞…賞金20万円 + 雑誌「イラストノート」に掲載

各賞に選ばれた方には、協賛企業による副賞を贈呈いたします。
入賞、入選作品は公募展で展示し、印刷物とTISウェブサイトに掲載いたします。印刷物は出版社・デザイン会社などに広く配布いたします。

入賞、入選者の中から、TIS会員に相応しいと認められた方をノミネートいたします。
※TIS会員へのノミネートは入賞、入選順位と一致しません。あらかじめご了承ください

主催:一般社団法人東京イラストレーターズ・ソサエティ
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-14-17 神宮苑202
TEL 03-3470-4116
http://www.tis-home.com/

※応募の詳細は、TISサイトをご覧ください。

2017.04.26Here is ZINE 14 Shenzhen

中国・深センにて「Here is ZINE 14 Shenzhen」が始まりました。

深センの各地を会場に開催されている「深センデザインウィーク」の中の特設会場で開催されています。工場跡を改装したスケールの大きい会場に、深セン・香港・日本のクリエイター総勢70組の制作した見応えのあるZINEが並びました。

初日から多くのお客さんが訪れ、真剣にZINEを見入っている様子に熱気を感じました。オープニングレセプションの様子を写真でお伝えします。

会期は4/28(火)まで。ぜひお近くの方はお越しください。

 

“Here is Zine,Here is Shenzhen”

in Shenzhen design week

Event Date:2017.04.21 – 04.28

Location:Maker Lab, i-Factory, No. 8 Haiwan Road, Shekou, Nanshan District, Shenzhen


 

 

2017.04.20Here is ZINE 14 Shenzhen

4/21(金)から4/28(火)まで、中国・深センにて「Here is ZINE 14 Shenzhen」が開催されます。

日本からは14組のクリエイターが参加。深セン、香港、日本のクリエイターの個性豊かなZINEが一堂に揃い展示販売されます。

ぜひお近くの方はお越しください。

 

2017.03.23Here is ZINE 15 公募のお知らせ

 

15回目となる「Here is ZINE Tokyo」が原宿トーキョー カルチャート by ビームスで開催されます。

2017年6月30日(金)からの会期に先駆けて、一般公募が行われます。締め切りは6月6日(火)必着。今回も一般公募枠は10名です。

皆さんの個性溢れるZINEお待ちしています!

 

「Here is ZINE Tokyo 15」

■応募要項

締切:2017年6月6日(火)

料金:無料。応募するZINEと一緒に住所、氏名、年齢、電話番号、メールアドレスを明記した紙を同封すること。※注意:応募されたZINEは返却できないので注意。

宛先:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-24-7 3F トーキョー カルチャート by ビームス Here is ZINE tokyo 15 係宛

TEL:03-3470-3251

[応募規定]

プロアマ不問。手作りZINEを1冊送付。入選者は、その後同じものを5冊作り、Here is ZINE tokyo 15で展示販売を行う。

サイズ、ページ数は自由だが、販売価格は最大¥5,000(税抜き)まで、同じものを5冊作る事が条件となる。また、販売価格の30%を手数料としてショップサイドに支払う。

■開催情報

会期:2017年6月30日(金)~7月12日(水)

会場:トーキョー カルチャート by ビームス

場所:東京都渋谷区神宮前3-24-7 3F トーキョー カルチャート by ビームス

URL:http://www.beams.co.jp/labels/detail/tokyo-cultuart

2017.03.03アールブリュット? アウトサイダーアート? それとも? -そこにある価値-

3月9日(木)から原宿GYRE3階のギャラリーEYE OF GYREにて「アールブリュット? アウトサイダーアート? それとも?  -そこにある価値-」展が始まります。

数々のアトリエからアールブリュット作品が集結する見応えのある展覧会になっています。

また、若木信吾氏が撮影した作家のポートレート写真も展示されています。

エンライトメントは総合アートディレクターとして、展示会場、DM・カタログ制作をしています。

ぜひお越しください。

 

アールブリュット? アウトサイダーアート? それとも?  -そこにある価値-

2017年3月9日(木)– 4月2日(日)

会場:EYE OF GYRE/GYRE 3F

開館時間:11:00-20:00

オープニングレセプション:2017年3月8日(水) 19:00-21:00

 

参加作家

Emi / 伊藤太郎 / 井上 優 / 岩本義夫 / 上田匡志

榎本高士 / 岡元俊雄 / 加地英貴 / 川邊絋子 / 栗田英ニ

栗田淳一 / 柴田龍平 / 清水千秋 / 田中睦美 / 茶薗大暉

西川泰弘 / 東本憲子 / 兵頭重美 / 平野喜靖 / 松本倫子

三井啓吾 / 宮下幸士 / MOMO / 森田郷士 / 吉川秀昭

 

 

主催:GYRE  展覧会実⾏委員会

実行委員長: 杉本志乃/株式会社FOSTER代表

事務局長: 関麻里/特定⾮営利活動法⼈Happy Sweet Museum代表理事

総合アートディレクション:Enlightenment

写真:若木信吾

協力:HiRAO INC

後援:⽇本財団

参加団体:アトリエライプハウス(⼤阪)、YELLOW(⼤阪)、⼯房集(埼⽟)、

studio COOCA(神奈川)、⻄淡路希望の家(⼤阪)、ふたば(⼤阪)、

やまなみ⼯房(滋賀)、ユウの家(⼤阪)